読書感想文

夏休みの時から、小学生に『読書感想文』を出しています。
好きな本を読んで、原稿用紙3枚(1200文字)で書いてもらいました。
写真は、発表の時の様子です。

コードをどかせばよかった・・・・

写真を撮るのが、私が下手です・・・。
でも、生徒の読書感想文の発表は非常に上手でした!
女の子は、音読がすごく上手で、アナウンサーみたいでした(笑)
男の子たちも、ちゃんと段落にわけて上手に文章をまとめていました!

今、小学生にはとにかくたくさん本を読んでもらっています。
中学生たちにも、読書感想文の宿題を出そうかと検討中です(笑)

小学生は、毎月1つ。読書感想文の宿題を出しています。
毎月の最初の授業の時に、発表してもらう事にしました。
たくさん本を読んで、自分の感想を自由に発表してもらいたいです。

感想文を嫌がる生徒もいるのですが、その特徴は、『じょうずに書けないから』です。

『感想』は自由です。だから、読書感想文はじょうずじゃなくていい。
なんでもいいんです。
最近、読書感想文を親が代わりに書いているという話をよく聞きます。
そうすると、さらに、上手にかかないといけない・・・と落ち込む子が増えそうです。

読書感想文は、自由です。最初は数行だけでもいい。
自分が思ったとおりに書いてくれればいいのだと思います。

ぜひ子供たちの自由な、本音の、そして個性あふれる意見を聞きたいです!
10月の感想文も、楽しみにしていますね。

The following two tabs change content below.
歩夢学舎
歩夢学舎
歩夢学舎
最新記事 by 歩夢学舎 (全て見る)

あわせて読みたい