高3受験生について①

みなさん、こんにちは。

今日は大学受験についての話です。

今日は、高3を集めて、【赤本の使用方法と勉強の仕方】について話をし、

今実際に時間を計って赤本を解いてもらっています。

 

まず、大学受験に関して、自分の意見ですが、

【なるべく推薦で決めましょう!】

です(笑) 高校受験は、ほとんどの保護者・生徒が、まずは公立希望から始まります。

そして、受験の直前、私立の推薦を考えさせられます・・・。

つまり、中1の段階で <私は推薦希望!>という人はほとんどいません。

でも、大学受験は違います。高1の時から <私は推薦で大学に行く!>と決めないといけません。

なぜなら、大学入試の推薦(指定校推薦)は、高1から高3までの平均値だからです。

ちなみに、推薦の種類も今は多いです。

指定校推薦・・・高校で定員・基準を設けており、99%の合格率・

公募推薦・・・大学で定員・基準を設けており、30から50%の合格率

この2つの違いはおさせておいてください。

高1で目指すべきは、指定校推薦です! ちなみに、3.5以上ないと無理です・・・。(5段階評価で)

今、大学受験を一般で受ける生徒を目の前にすると、出来るだけ指定校推薦で決めてほしいと思います。

受験は簡単ではないからです。高校受験の時、何とかなった生徒でも、大学受験は別物です。

今からでも間に合うのか?

大丈夫です!と言いたいですが、言えません(笑)

作戦と今日からの行動次第です。

作戦は、塾の仕事です。

だから、今から間に合うのか?と誰かに問うのではなく、

<今から間に合わせようという決意があるのか?>と自分に問うてみてください。

YES なら希望が十分あります。 NO なら進路を考え直しましょう。もう18歳。自分の道です。

でも、ちょっとだけ、40歳のおじさんの苦言としては、

<たかが半年頑張れないなら、社会に出ても何も出来ない>と思うよ。

だから、残り期間。私も、歩夢学舎の受験生も、頑張ります!

もしこのブログを見てくれている受験生がいたら、一緒にがんばりましょう!

 

*次回は、勉強内容を詳しく。

The following two tabs change content below.
井上 周士
井上 周士
長久手本校 塾長歩夢学舎

あわせて読みたい