進路指導は時代と共に変化する

最近、生徒カウンセリングの機会が増えています。
『学年で30番以内に入るには、どうすればいいですか?』
『やる気が出ないので、どうすればやる気が出ますか?』

生徒によって悩みはいろいろです。
でも、前に進みたい!という気持ちだけは共通していると感じます。

私は、進路指導を専門家というか、民間に委託したらどうかなあ、と思う時もあります(笑)
今の日本って、悪い事や起きてしまった事相談する場所はたくさんあります。それも大事かもしれません。
でも、これからの事を相談する場所も大事だと思います。
生徒と話をしていて、年々感じます。『世代ギャップ』です(笑)
生きている時代が20年・30年違ってきています。
つまり、自分の考えが20年・30年古いとも言えます。

いい大学に入り、大企業に入り、人生がうまくいく!と2・30年前は言われていましたし、真実でもありました。
しかし、今の時代はそうでしょうか。
私にも分かりません。

私の個人的な意見になりますが、時代は確実に変化しています。
あと10年後には、多くの人が 【兼業】 をする時代が来ていると思います。
一つの企業からの給与では、生活が成り立たない時代がくるような気がします。
事実、副業を認め始めている企業は多いですよね。
副業というと、株の投資とか不動産になると思いますが、何かにお金を投資する事です。

でも一番確実な投資は何だろう?と考えた時、【自分への投資】が浮かびました!
だから、私はこれからの時代 【独立開業で少人数経営】をお勧めします!(笑)
*あくまで個人的意見です。ただ、同業者の方など、ご相談お待ちしています。

The following two tabs change content below.
井上 周士
井上 周士
長久手本校 塾長歩夢学舎

あわせて読みたい