数学が得意になるには?

数学が得意な生徒と、苦手な生徒の違いはいろいろあります。
まず、得意になれない条件が一つあります。
それは、 計算が苦手 です。
もし数学が出来るようになりたい!と思う場合、
お子様に数学好きになってもらいたい場合は、計算は出来るようにしておきましょう!

計算が出来る状態の生徒を、数学得意か不得意かに分けるポイントは、
 【忍耐】です(笑) すいません、精神論に近いかもしれませんね。
でも、その生徒と一緒に勉強していると、次のような違いがはっきりと出てきます。

数学が得意なA君と不得意なB君が、同じ問題を解いています。
そうすると、次のようなことが起きます。

B君『先生、終わりました』
先生『出来たの?』
B君『やったけど、わからん』
先生『どこがわからない?』
B君『全部・・・』

すごーーくリアルに描いてみました(笑)
まず、B君は一つの問題に取り組む時間が短いです。すごく答えを知りたがります
でも、指導するとすごい素直だし、反応がいいんです(笑)
B君『あっ、そうか!!』
なんて言ってくれるので、教える側も満足してしまいます。
でも、この生徒の頭の中に、この問題は残りません。出来たと思い込み、消去されるからです。

A君は、問題にじっくり取り組みます。
脳みそを痛めつけているのが分かります。
だから、B君と同じ解説をした時、ちゃんと脳みそに残るんです!

つまり、数学が得意になってほしいなら、
『簡単にヒントや答えを教えない!』
事が大事だと私は思っています。
悩んで悩んで苦しんだ分、頭がよくなるんだと思います。

文系科目とは違った教え方が必要ですね。

The following two tabs change content below.
歩夢学舎
歩夢学舎
歩夢学舎
最新記事 by 歩夢学舎 (全て見る)

あわせて読みたい