ノートの大切さ

プリント

歩夢学舎長久手本校の井上です!

今日は、二つのノートをご紹介します!

生徒の名前は伏せますが、実際に歩夢学舎に通ってくれている生徒です。

p1000759

まずは、こちらのノートです。

今、1年生は比例・反比例をやっています。(あと図形もです)

この生徒は、すごく頑張り屋さんで、塾に入ってちょうど半年です。

先日、この子の数学を見ていると、ちゃんと理解できていました!

比例、反比例のルールや式の求め方など、ノートにちゃんと書いてあるように、頭も整理されていました!しかし、私がこの生徒にしつこく指導したのは別のところでした。

それは、<方程式の計算>でした。

真面目で、一生懸命な生徒は、<今やっている単元>への理解度は結構高いです。

でも、得点に結びつかない事があります。その理由をしっかりと見定めてあげて、

必要な指導をすることが大事です。

方程式の計算を何度も繰り返しやったことで、比例・反比例の成果も大きく上がっています!

この指導方法が、<個別指導の醍醐味>ですね(笑)

 

しかも、この生徒は、<丸写し>ではないんです。ちゃんと頭の中で考えて、ノートを書いているのがわかります!こういう作業って、国語力を上げる事にもつながるので、非常にいいですね!

 

p1000758

次は二人目の生徒です。中学2年生で、今年の春から歩夢学舎に通ってくれています!

この生徒の英語のノートは、非常に美しいです!(笑)

商品化して売りたいぐらいです。

だから、英語の成績は伸びてきているし、まだまだ伸びると感じています!

 

ローマ字がすごくきれいなんですね。

英語は、WHYの数だけ成績は上がります。

つまり、<なんでだろう?>の質問をすればするほど成績はあがる学問ということです。

この生徒も、<なんでだろう?>という質問を多くしてくれます。

最近は、英語ではなく理科も多いです(笑)

大人でも、次の質問ってなかなか答えられないと思います。

1、なんで三単現のSを付けるの?

2、なぜ Iの時だけamを使うの?

3、なぜ a と an があるの?

正しい答えを知っているかどうかよりも、

こういう疑問を持てるかどうかです。

日本語も英語も、<語学>です。

ちゃんと学ぶと面白いんです!

英会話に通う大人が多いのがその証拠。楽しいんです!

 

ノートを見ると、その生徒の事がよく分かります。

保護者の皆様。一度、お子様のノートを見てみませんか?

怖いかもしれませんが(笑)

でも、お子様の事が少しわかるかもしれませんよ。

 

井上周士

 

The following two tabs change content below.
井上 周士
井上 周士
長久手本校 塾長歩夢学舎

あわせて読みたい