ノートのご紹介

プリント

お久しぶりです。

なかなか更新が出来ず、申し訳ありません。

新学期が始まり、新しいクラスも決まってきましたね。

でも、急に寒くなったり・・・。不思議な天候です。

昨年11月から、この長久手市で歩夢学舎を始めさせていただきました。

あっという間でした笑

毎日が子供たちとの時間で、たまに休んでも、何だか落ち着かない事が多いです。

成績が大きく伸びた生徒ばかりではないかもしれませんが、

力がついていない生徒はいないと感じています。

ただ、成績って、比例のグラフのように、綺麗な右上がりのグラフにはなりません。

ある一定の期間、低空飛行が続き、ぐーーーんと伸びるのです。

ここを、塾も、生徒・保護者様も、知らないと、

あと少しでぐーーーんの所なのに、低空飛行の時にやめてしまう事が多いです。

そして、また、最初から低空飛行を続け、途中で諦め・・・の苦しいパターンにはまります。

半年から1年の間で、ぐーーーんが来る生徒が大半です。

 

P1000395

 

最近、このようなノートを取っている生徒を見かけました。

 

ぐーーーんの前の、低空飛行の特長です。

自分で考えて、ノートの大きさも少し小さいのにして、

頭を使ってノートを書いているのがわかります!

 

勉強の姿勢や習慣が、少し変わる。

ほんの少しなので、ちゃんと見てあげないと成長がわかりません。

でもこの少しの成長が、ぐーーーんのきっかけになるのです!

 

春なので、塾選びで迷っている方、今年受験生になるので不安な方、

いろいろといらっしゃると思います。

でも、今、お子様がぐーーーんの手前なのか、ぐーーーんを作れていないのか。

しっかりと見極めてあげてください。

努力は無駄になりません。でも、低空飛行を何度も努力することは、結構大変です。

 

迷われたら、いつでもご相談いただければと思います。

 

The following two tabs change content below.
井上 周士
井上 周士
長久手本校 塾長歩夢学舎

あわせて読みたい