勉強の仕方(歩夢学舎のテスト対策)

中3の学年末が終了しました。あとは、受験本番に向けて、どれだけ自分と向き合えるかです。

子供たちと一緒に勉強していて感じる事の一つに、

<勉強とは、分からない所を分かるようにする事>

という、当たり前の事をちゃんと伝える必要あるということです。

例えば、学校のワークです。学校のワーク、しっかり出来ているでしょうか?

本屋さんで新しい本を買う前に、学校のワークの勉強方法を見直してほしいです。

学校のワークを 【勉強する】 という事は、

 学校のワークの問題を解く

事ではありません。

 学校のワークで出来ない問題を出来るようにする事

です!

つまり簡単に言うと、多くの生徒が <やりっぱなし> の勉強が身についてしまっているという事です。

〇△✖勉強法を、歩夢学舎では推奨しています。

1回目は、〇△✖を付ける為に、ワークを行います

出来た問題は〇で、ミス・解説を見て理解出来た!という問題は△、まったくわからない問題を✖です。

2回目は、△だけをやってください。△を〇にしていく所こそ、まさに 勉強! なんです(笑)

3回目には、△が数問になっていると思います。全部〇にしましょう!!

ここで大事なのは、✖に手をつけないことです。でも、この勉強方法を続けていけば、自然に✖の数も減ります。

ぜひ試してみてください。

勉強時間を多く取れていても、いろいろなテキスト・プリントをたくさんやっているだけだと、

それはひたすら〇問題を繰り返しているだけで、成績は上がりません。

出来ない事を出来るようにする事が勉強

です。

せっかくの努力が、ちゃんと成果につながるように

改めて塾生の勉強方法を見直す1週間に、来週を使いたいと思います!

 

The following two tabs change content below.
井上 周士
井上 周士
長久手本校 塾長歩夢学舎

あわせて読みたい