勉強をする目的③

プリント

いよいよ、ラストです(笑)

今までの事をまとめると、

ちょこちょこ壁を作ってあげ、悔しい・恥ずかしい・嬉しいなどの感情を生み出し、

<その感情を取り除くにはどうすればいい?>と投げかける事で、

子供たちの本気の姿勢を育てていく

という感じです。

 

<先生、そんな事出来るのですか?>と、多くの保護者様に聞かれそうです(笑)

正直、簡単には出来ません。ですが、どの<先生>も、その実現の為に日々努力されているのだと思います。

子供たちにとって、一番の宝となるものは、知識や成績表ではありません。

一番大事なのは、<出会い>です。

尊敬できる大人との出会い、

自分を叱咤激励してくれる先生との出会い、

一緒に頑張れる仲間との出会い、

そして、<新しい可能性を持った自分との出会い>です!

これを、学生時代に経験出来ると、就職の時にも考え方が変わってきます。

<この会社、仕事で、どんな人に役に立ち、どんな人と関わる事が出来るか?>という視点で

就職活動をする人が増えると思います。

 

では、こんな出会いをしてもらうには、<どんな環境が良いのでしょうか?>。

それは、【父性・母性・子性】のバランスが良い時です。

父性とは、<社会の一員としての厳しさを持った考え方・長期的視野>です。

母性とは、<目の前の一人に対し、全力の愛を注ぐ考え方・短期的視野>です。

子性とは、<遊び心を持った考え方>です。

 

性別はあまり関係ありません。男性でも母性が強い人もいれば、逆もいます。

ただ一般的には、父性と子性は同じ人が持っていても、母性と子性を同じ人が持つ事はなさそうです。

 

子供たちがもし、大きく道をそれたり、極端に無気力だったり、

つまり何か問題があるとしたら、それは育て方が良いとか悪いではありません。

保護者様自身が、ご自分を責め、子供とどう接すればいいのかを見失う事をたくさん見てきました。

しかし、これは良い悪いではなく、<バランスを意識する>という事を知らなかっただけです。

単純に言うと、

<誰かが叱ったら、誰かがフォローし、バランスを取る>

<誰かがテストの結果に厳しくなり、誰かがテストの結果とは違うものを見てあげる>

このバランスの中で、<自分を支えてくれた、成長させてくれた存在との出会い>があるのだと思います。

 

最後になりますが、最近、就職活動まで親御さんが出席していると聞きます。

別に良いのですが、いつまで面倒を見るつもりなのでしょうか?(笑)

就活は、失敗もあると思います。ブラック企業に入ってしまい、苦しい思いをすることもあるかもしれません。

しかし、<自分の子供なら、その失敗から何かを学び、立ち上がるはずだ!>と、

なぜそう信じることが出来ないのでしょうか?

いろいろな方と直接話しを聞くと、<子供を信じる事が出来ないのではなく、自分を信じる事が出来ない>人が多いようです。

つまり、自分の子育てが正しいかわからないから、自信が持てない、という事です。

子育てに正解とか不正解があるのかは、分かりません。

でも、今の時代、親御さんは充分に責任を果たされている方が多いと思います。

だから、信じて良いのではないでしょうか。

大事なものは、もう子供たちの中に、<種>として植えていらっしゃるのです。

充分な<愛>という肥料も、間違いなく与えていらっしゃいます。

でも、種を育てるのは、子供たち自身。

サクラになるのか、ひまわりになるのか、未知の植物になるのか(笑)

それは分かりませんが、でも、きっと自分のなりたいように育つと思います!

そして、親御さんの愛をしっかりと刻み込んだ、立派な<人間>になっていくのだと思います。

 

<3回のまとめ>

父性・母性・子性のバランスの中で、

ちょこちょこ壁を作ってあげ、悔しい・恥ずかしい・嬉しいなどの感情を生み出し、

<その感情を取り除くにはどうすればいい?>と投げかける事で、

子供たちの本気の姿勢を育てていく。そして、

<子供たち>の中にある、【親から引き継いでいる魂】を信じて見守る。

 

生意気で、わけのわからない事を3回も続けてしまいました・・・。

ご愛読いただきありがとうございました!

次回は、国語の話をします。

【論理的な文章をかく5つのコツ】

【分かりすい文を書く3つのコツ】

をお伝えしていきます!

 

 

The following two tabs change content below.
井上 周士
井上 周士
長久手本校 塾長歩夢学舎

あわせて読みたい